本文へ移動

松竹梅日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

駐車場の芝張りです

2019-03-28
路盤にクッション砂を敷き均します。
芝生保護板の上へ芝を張ります
車止め・ラインを取り付けます。
2台分の芝生駐車場の完成です。
突然の雪でここ数日冬に戻っておりました。
 
朝晩は気温も下がり路面が凍結して、タイヤ交換はいつになるやら
汗
 
日中は気温も上がり雪を解かしてくれます。
 
現場は芝生駐車場の施工です。
 
芝生の上を車が上がり踏圧がかかるため、芝生の下にはプラスチック製の保護マットを敷いてあります上を指す人差し指(手のひらが手前)
 
そんな縁の下の力持ち的な製品であります。
 
しっかり根付いて快適な駐車場になって欲しいです
 
 

除雪ご苦労様でした。

2019-03-21
タイヤショベルの洗車です
高圧洗浄で洗い流し
融雪剤をしっかりと落とします。
 
もう日中は10度を超えるようになりました、青森市です
 
流石に花粉も飛び始め
 
職人の中でもチラホラと症状が出始めています
 
除雪の仕事ももう無いはずですので赤いびっくりマーク
 
除雪に使用したタイヤショベルとダンプの清掃片付けをしました。
 
冬季間の青森市の道路は凍結防止のため融雪剤が散布されます。
 
これが重機や車両にこびりつきボディを徐々に腐食させていくのです
 
そのためシーズンオフには洗車が欠かせません上を指す人差し指(手のひらが手前)
 
下回りを高圧洗浄機を使い丹念に洗い流します。
 
このひと手間が運命の分かれ道となるのです
 
来シーズンもまた活躍お願いします

見学会

2019-03-18
10人乗りでワイワイガヤガヤ!
黒石伝承工芸館
日帰り温泉”福屋”
除雪もひと段落しましたのできらきら
 
社員全員で見学会を行いました
 
今回は黒石伝承工芸館にて湯呑みの絵付け体験です。
 
レンタカーを使いみんなでワイワイガヤガヤと目的地まで
 
これが旅の醍醐味ですね
 
湯呑みへの絵付けはあらかじめ用意された素の湯呑みへ筆を使い
 
前日から考えてもらっていた絵を描いていきました
 
仕上がった湯呑みは個人個人の想いが詰まった個性的なものとなりました色とりどりのきらきら
 
この状態で一旦完成となり後は職人の方に仕上げ作業をしてもらい、更に1200度の高温で焼き上げ1ヶ月後の完成を待ちます。
 
完成報告はまた後ほど
 
伝承工芸館の後は近くの日帰り温泉へ上に曲がる右矢印(黄)
 
昼食&みんなで温泉に入り日頃の疲れを吹き飛ばしました
湯呑みへ絵付け体験
絵付け完成!1ヶ月後に焼き上がります。
お食事&温泉

雪囲い解体始まりました。

2019-03-13
もう雪はありません。
囲い材料を束ねます
新緑が待ち遠しいです
囲いの材料は預かっています
雪囲い解体が始まりました
 
会社の方には解体の日程を決めるお客様からの電話や電話
 
庭に関する問い合わせが多くなってまいりました
 
昨年よりも一足早く、春を実感する今日この頃ですチューリップ
 
もう樹木を植え込んである場所も雪がなくなっております。
 
囲いの解体が終了しますと、後は新緑の芽吹きを待つばかりです
 

青森ならではの光景です

2019-03-11
青森市は3月10日で積雪がゼロとなりました
 
昨年より10日早い雪解けです。
 
写真は市内の除雪を担当している小学校のスロープの解体風景です。
 
青森市の小学校では体育の授業にスキーを行うのが昔からの習慣です上を指す人差し指(手のひらが手前)
 
まる吉も小学生の頃はスキーを買ってもらい滑っておりました
 
1月にスロープを除雪した雪でタイヤショベルを使い作ります。
 
授業も終わり今の時期に解体となります。
 
青空の中太陽校庭の雪解けも進む中の解体作業!
 
雪国青森市ならではの光景です。
 
 
0
3
2
5
2
5
有限会社松竹梅造園
〒038-0031
青森県青森市大字三内字沢部182
TEL:017-782-8583
FAX:017-766-9092
------------------------------
1.庭木の手入れ(剪定)
2.薬かけ(害虫対策)
3.草取り
4.雪囲い
5.植栽
6.ガーデニング
7.ブロック舗装
8.除排雪・土木
------------------------------
TOPへ戻る